無料保険診断意見を聞くだけでも大丈夫です。

保険請求をスピーディーに対応します

知って欲しい保険のこと
保険の選び方
保険の見直し利用満足度
保険の見直し利用満足度
保険ブログ
無料保険診断お問い合わせ
就学前の幼児わくわくレッスン
2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
保険の見直しについて④2013.4.30

買い物をするときに、なんの目的や理由もなく買うことは少ないでしょう。
特に高価な買い物をするときには、本当に欲しいのか?必要かな?これでい
いのかな?いやいやもっと安いものがあるはずだ!なんてごく当たり前の事
ですよね。複数の商品やサービスなんかを比較して検討するプロセスを経て
購入するかどうか決定するのではないでしょうか。
それに対し、生命保険というものは、このプロセスを経ることなく、保険会社
のセールスレディに勧められるままに契約してしまうことが多い、異質な商品
と言えます。

その理由の一つには、お客様側に「生命保険は難しいもの、よくわからない
もの」という思い込みがあると言えます。
商品説明を詳しく聞いてもよくわからないので、保険の細かな内容よりも、
保険料で入るかどうか決めてしまう人もいます。

また日本の生命保険会社は伝統的にGNP(義理・人情・プレゼント)による
保険営業をおこなっており、悪い古き伝統といいましょうか!
保険会社の人がたびたび訪問し親切にしてくれたので、断りにくくなって加入
した、などと言う人が多いのも事実です。

しかし、そのような理由で加入した生命保険、本当にあなたにとって必要で
役立つ保険なのでしょうか?

生命保険の目的は「誰のために保険に入るか、それは何のためか」です。
生命保険の目標は「保険金はいくら受け取れるか、保障はいつまで続くか」
という事です。

明日はこの目的と目標についてお話します(^-^)

倉敷・総社・岡山の保険見直しのことなら保険見直し.COMへ

保険の見直しについて③2013.4.24

これから独立して起業を考えている方!
会社を辞めて、自営業や個人事業主として独立する場合は、厚生年金が国民
年金に切り替わって、自分にもしもの場合に妻が遺族厚生年金が受け取れなく
なるなど、その分の公的保障が不足したり、健康保険に関しても、今まであっ
た傷病手当金や付加給付が無くなるなど、保障がかなり手薄になってしまいます。
大変な事です。自分の身は自分で守らねば!・・・・・・・そこで出番です。
その分を生命保険や医療保険等で補う必要がでてくるのですね。

その他、保障の見直しには、生命保険の満期や更新時、自分や知人は病気になったり
ケガをしたのがきっかけになることも多いですね。 
もっと詳しい内容をお知りになりたい方は
倉敷・総社・岡山の保険見直しのことなら保険見直し.COM

保険の見直しについて②2013.4.23

生命保険の見直しには、結婚・出産といったライフイベント(ライフステージ)
の変化)がきっかけになることが多いです。
生命保険は家族〈奥様・お子様)がいない独身の場合、自分が亡くなって困る
人がいないなどと考えている方がほとんどで、必要ないと言われる方が多いです。
死亡保険は、その人が亡くなったり働けなると、家族が窮してしまう人、つまり
一家の稼ぎ手に第一にかける保険です。
ですから、結婚や出産などで家族や扶養家族が増えるときに、生命保険に加入
したり、保障の見直しをして保障額を増やしたりするのです。
 
保障の見直しのきっかけとなるライフイベント
①奥様の退職(出産)
②住宅の購入
③子供の独立
④ご主人・奥様の転職
⑤定年退職

さらに詳しい内容については
倉敷・総社・岡山の保険見直しのことなら保険見直し.com

保険の見直しについて2013.4.22


生命保険を見直したい。
新たに加入したいが誰に相談しようか?           などなど時期やタイミングがあると思います。

さてどのタイミングでしょうか?
まずは、収入の増減など家計状況の変化があった時でしょう。
保険の見直しを行ったお客様に、そのきっかけとなった理由を質問してみると

①家計の節約のため
②保険料が高いため
③収入が減ったため

こんな回答が多いです。ボーナスが減少するなど収入全体が下がって、家計の見直
しに迫られた時には、月々の固定費で負担の大きい保険料を下げることもひとつ
の考えで自然なことと思います。 

注意点としては保険のリストラが目的の場合、ただ保険料を下げるために必要な
保障まで削ってしまうと、もしもの時に役に立たない事態になる可能性もあります
ので、保険の見直しは慎重に行わなければならないのです。 

もうすでに見直された方!
安心していますが大丈夫でしようか?

ちょっとでも不安に思われた方は
倉敷・総社・岡山の保険見直しの事なら保険見直し.COMへ

宝くじと税金について2013.4.2

宝くじに当たったことはなくても、これだけは知っているかも?

問題です。
「宝くじの当選金に税金はかかるでしょうか?かからないでしょうか?」

よかったですね、かかりません(^-^)
3億円当たったらまるっと3億円まるもうけ!
一時金ではあるものの、非課税なのです。安心してください。

ただし、この当選金で大きな買い物、大人買いとすると
税務署がお金の出所を探りにくることがあります。
そんな時に必要となるのが「当選証明書」というもの。
これがあれば、お金の出所をハッキリさせて、
そのお金が当選金であることを証明してくれますよ。

宝くじの当選金を支払った金融機関で希望すれば、発行してもらえます。

ちなみにもうひとつ。
同じ当たったでも、懸賞やクイズの賞金は「一時所得」で、
ギャンブルの儲けと同じ課税対象。
50万円以上の報酬なら、元手と50万円の控除を引いた金額が課税金額です。
夢の1千万円を掴んでも、一部は税金で取られてしまうのですよ。(^^;)

<取扱保険種類>
個人年金・学資保険(こども保険)・医療保険・がん保険・終身保険・定期保険
介護保険・傷害保険・所得補償保険
自動車保険・火災保険・地震保険
など 全般
Copyright© 2018 hokenminaoshi.com All Rights Reserved.
保険見直し.com
【運営】株式会社 AMA
総社本社:〒719-1137 総社市駅南2丁目41-1
平日9:00~17:00電話対応可能