無料保険診断意見を聞くだけでも大丈夫です。

保険請求をスピーディーに対応します

知って欲しい保険のこと
保険の選び方
保険の見直し利用満足度
保険の見直し利用満足度
保険ブログ
無料保険診断お問い合わせ
就学前の幼児わくわくレッスン
2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
子育て費用(学資保険)について2013.7.31

大学の進学率は55%を超え、大学・短大・専修学校を含めた進学率は現在
80%の水準です。

とりあえず高校まで行かせておけば・・・は一昔の話。今は当然のように大学へ
行く時代になっています。また、女性の進学率も上がっていますので、お子様が
女の子であっても大学入学資金の準備をしておくのが良いと考えます。

将来必要となる教育資金は、子供の進路によって変わりますが、資金の準備に
早すぎることはありません。お子様が生まれたらなるべく早く準備したいですね。

「平成22年サラリーマン世帯生活意識調査」より引用

こちらのグラフは教育資金の準備開始時期です。

お子様が誕生した時に加入される方が多いのがわかります。これは子供が
小さいうちに加入して、毎月の保険料を抑える事もポイントです。

営業担当 浅野

さらに詳しい内容についてお知りになりたい方は保険見直し.comへ

子育てにかかる費用って?2013.7.30

お子様を1人育てるのに2,000万円以上かかるという話がありますが、実際にいくらかかるのかは、育て方やその子の進路によって変わってきます。ただ、学年が上がるほどに負担が大きくなっていくことは間違いありません。

大学へ行くか行かないかで教育費が変わりますが、今は大学全入時代と言われるように、大学へ行くのが当たり前になっていますので、その為の準備が必要です。大学へ行けば良い就職先が見つかるというわけではありませんが、好きなことを思いっきり勉強できるのが大学ですので、個人的には大学へ行った方が良いと思っています。

ちなみに、私は大学へ行っていませんが、結構後悔しています。当時、大学へ行っても遊んで終わってしまったかもしれませんが、人生の中で唯一後悔しているのが大学へ行かなかった事です(−_−;)

明日は年齢別にかかる子育て費用についてお届けします。

営業担当 浅野

学資保険に加入するにあたって⑧2013.7.5

他人でも加入できますか?
先日お客様先で、こんな質問がありました。

一般的に学資保険というのは、親が子供のために加入する、または親(自分自身)
に万が一のことがあったときの保障のために加入する保険です。

しかし中にはお孫さんのために学資保険に加入したいと考える祖父母さまは
案外たくさんいらっしゃるのです。

たとえば契約者が祖母で被保険者が孫である場合は、この契約に関する内容は
被保険者の親が認めなくては実際には契約は交わせないとされています。

しかし学資保険の契約者と被保険者の関係については3親等以内であれば契約できる
ということです。ですから姪や甥のために学資保険に加入することも実際には可能
なわけです。

例えば自分のお兄さんが、自分の子供のために学資保険に加入することができると
いうことです。この場合の保険契約者は自分の兄であり、被保険者は自分の子供、
つまり兄にとっては甥または姪にあたることになります。

この3親等にないであることが、学資保険に加入するための条件のうちの一つ
でありますから、全くの他人で学資保険に入るということは不可能です。

また学資保険については、保険契約者ならびに被保険者についての年齢制限が
どの保険会社においても定められています。

これは保険会社の各商品によっても異なりますが、その年齢は平均して保険契約者は
男性が18歳から60歳、女性が16歳から60歳、被保険者は0歳(生まれる
前から加入可能な商品も中にはあります)から15歳程度までとなっています。

なお、保険契約者と被保険者の保険加入時の年齢が、共に高くなればなるほど
保険料は高くなるのが一般的です。

営業担当 浅野

さらに詳しい内容は倉敷・総社・岡山の保険見直しのことなら保険見直し.com

学資保険に加入するにあたって⑦2013.7.3
育英年金を子供が何歳のときにいくらもらえると良いかという判断は実に難しく、正直なところあまり考えたくない内容ではあります。
しかしこの給付期間は各保険会社によってもさまざまであり、やはり給付期間が長いということは保障が手厚いと捉えられ、保険料も高くなります。
子供が小さい時期に親が亡くなる可能性というのは普通に考えれば低くなります。
ですからあまりに長い間、育英年金が給付される商品を選ぶよりは、育英年金が給付される期間を短いもので選ぶと保険料も抑えられて良いでしょう。
次に子供の病気やケガの保障期間です。
子供の病気やケガについての保障は、子供が小さいうちこそ必要だと考えられます。
しかし小学校就学前ぐらいであれば、子供の医療費は公的医療保険によってかなり軽減されるようになっています。
子供が何歳まで医療費が安くて済むのかは自治体によっても違いがあるため、それぞれのお住まいが管轄の医療センターなどで確認をしてみましょう。
目安としては、子供の万が一の医療費に備える時期は小学校入学時の6歳ごろからと考えてみてはどうでしょう。公的医療保険で賄える医療費が限られる点や、学校でのケガなどが特に心配になる時期でもありますよね。
中には長いプランで保障してくれる商品もありますが、やはり保障期間が長ければ長いほど保険料も高くなる傾向があります。しかしこれも安心料と考えて子供の万が一に備える方法もありますね。
 さらに保障期間についてです。
万が一他人の子供をケガさせてしまったら、また物を壊してしまったらと心配なのは、やはり子供が小さいうちと考えられるでしょう。
中学生にもなればあまりそういった心配はなくなってくるはずです。特に幼稚園や小学生ぐらいの子供にとってはふざけ合ったりということは日常茶飯事です。
子供が大きくなるにつれてある程度は薄れる心配ですから、保障期間もある一時期と割り切って商品を選んでみてはどうでしょうか。
営業担当  浅野

学資保険に加入するにあたって⑥2013.7.2

学資保険を検討するときに子供が何歳のときに資金が一番必要であるのか、または病気やケガ、育英年金の給付についても子供が何歳から何歳まで必要なのかを考えてみましょう。
満期学資金と祝い金の必要な時期
まずは小学校や中学、高校は公立へ通うのか私立へ通うのかがポイントになります。
もしも大学以外は公立へと考えているのであれば、大学進学時期に大きな資金をまとめてもらうタイプの学資保険を選ぶと良いでしょう。
つまり祝い金は特に必要でないと判断し、満期学資金のみをもらう商品ということです。
では小学校や中学、高校へ進学するときにも、少しはまとまった資金が必要だと考えている場合はどうすればよいでしょうか。
その場合、7歳に20万円、12歳に30万円、15歳に50万円、そして大学進学時期である18歳に200万円というような祝い金を数回に分けてもらえて、満期学資金を最後にもらえるタイプの商品などが良いでしょう。

営業担当   浅野

さらに詳しい内容は 倉敷・総社・岡山の保険見直しのことなら保険見直し.comへ

<取扱保険種類>
個人年金・学資保険(こども保険)・医療保険・がん保険・終身保険・定期保険
介護保険・傷害保険・所得補償保険
自動車保険・火災保険・地震保険
など 全般
Copyright© 2018 hokenminaoshi.com All Rights Reserved.
保険見直し.com
【運営】株式会社 AMA
総社本社:〒719-1137 総社市駅南2丁目41-1
平日9:00~17:00電話対応可能